【2018年決定版】実際におすすめできるクレジットカード7選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめするクレジットカード決定版2018

前回はクレジットカードのメリット・デメリットについてのお話でした。

今回はサクッと本題に入ります。私が実際に使っているクレジットカードの中からおすすめを紹介します。普段はそのときどきに応じて使い分けています。ぜひ、ご自分に最適なカードを見つけてください。

楽天カード

楽天カード

発行元:楽天カード株式会社

 

最近アメリカン・エクスプレスが追加されたことにより、4つのブランドから選べるようになりました。衝撃。カードのデザインも豊富で、現在はX JAPANのYOSHIKIさんデザインが申込み可能となっており、さらに衝撃。

カード利用お知らせメール機能があるため、万が一不正利用された場合でもすぐに気づくことができます。利用お知らせメールは他社でもありますが、楽天の場合は反映が結構早いです。

さらに、年会費無料ですが付帯サービスも充実。

楽天市場でよく買い物をするという方は楽天スーパーセールなどをうまく使うとポイントを無限にザクザクです。楽天ポイントを使える実店舗も年々増えてきています。いままで楽天はそんなに…という方もこの機に楽天カードに切り替えてみるのもおすすめです。

 

実は、私が大学生の頃に初めて作った思い出深いカードがこれ。厳密にはイーバンク銀行(現在は楽天銀行)時代のデビッドカードを1年ほど使用して、カードで支払う感覚を練習してから持ちました。

当時の収入はアルバイトで月10万あればいいほうだったので、比較的審査がゆるいとも言えます。

還元率:通常1%~15%以上

発行費:無料

年会費:無料

ブランド:VISA・JCB・Master・AMERICAN EXPRESS

家族カード:発行・年会費無料

ETCカード:発行・年会費500円

付帯サービス:紛失・盗難補償、海外旅行傷害保険、そのほか優待サービス

YAHOO! JAPANカード

ヤフージャパンカード

発行元:ワイジェイカード株式会社

 

ヤフーショッピングやLOHACOなどをよく利用する方には言うまでもなくおすすめのカードです。5のつく日はポイントがザクザクたまりますの要チェックです。

また、Tカード一体型のため、クレジットカードとTカードをばらばらに持つ必要がなくなります。TポイントとTカードの紐づけ設定をすることで、ネットショッピングでたまったTポイントを実店舗でも使うことができるようになります。

ヤフオクで初めて出品する時には本人確認が必要となりますが、このカードを持っていると本人確認が不要となるためスムーズに初出品を終えることができます。 

 

還元率:通常1%~最大3%

発行費:無料

年会費:無料

ブランド:VISA・JCB・Master

家族カード:発行・年会費無料

ETCカード:年会費500円

付帯サービス:紛失・盗難補償

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

発行元:株式会社イオン銀行

 

イオンカードセレクトはクレジットカード・WAONカード・イオン銀行のキャッシュカードが一体となった便利なカードです。イオンカードセレクトの場合、イオン銀行の通常預金金利が0.12%と最強になります。とりあえず生活費を入れておくだけと言わず、下手に地方銀行で5年10年ものの定期預金を組むよりお得感満載です。

 

クレジットカード払い、WAON払いだけではなく、イオン銀行口座からWAONへのオートチャージでもポイントが貯まります。イオンカードセレクト限定で割引特典を受けられることもありますので、イオン系列でよく買い物をする方には必須のクレジットカードです。

最近はイオン系列以外でもWAONを使える店舗がぐっと増えてきているので、これ一枚でもお得に過ごせそうです。

JCBブランドのみですが、ディズニーデザインが選べます。現在ミニオンデザインも登場し、さらに魅力的です。

 

還元率:通常0.5%~10%程度

発行費:無料

年会費:無料

ブランド:VISA・JCB・Master

家族カード:

ETCカード:発行・年会費無料

付帯サービス:紛失・盗難補償

リクルーカード

リクルートカード

発行元:株式会社リクルートホールディングス

 

通常から1.2%と高還元率を誇るリクルートカード。じゃらん、ホットペッパー、ホットペッパービューティー、ポンパレモールをよく使う方にはかなりお得。

ここで貯まるリクルートポイントは1ポイント=1円のPontaポイントに交換することができます。以前はPontaポイントは使い勝手があまりないなと思っていましたが、使える実店舗もだんだん増えてきているので、これからさらに期待できそうなカードです。

また、ローソンに設置してあるロッピーという機械では、Pontaポイントを商品の割引券と引き換えることができます。今のところこれが最もお得な使い方です。以前、職場にローソンがあった時は毎月のようにチェックして使っていました。対象商品は毎月変わります(店舗によっても異なるかもしれません)。

 

ETCカードもあわせて持ちたい場合は、VISA・Masterを選ぶと新規発行手数料が1,000円かかりますので注意です(年会費は無料、JCBはすべて無料)。

 

還元率:通常1.2%~最大20%

発行費:無料

年会費:無料

ブランド:VISA・JCB・Master

家族カード:発行・年会費無料

ETCカード:発行・年会費無料(JCBのみ)

付帯サービス:紛失・盗難補償、海外旅行傷害保険、そのほか優待サービス

P-one Wiz

ポケットカードのP-one-Wizカード

発行元:ポケットカード株式会

 

ポイント還元よりも嬉しい1%値引きというのが最大の魅力。面倒な手続きは一切必要なく、支払い額から自動で値引きしてくれます。さらに0.5%をポイントで還元。このポイントはTポイントに交換すると1ポイント=5ポイントになります!

これは普通の「P-oneカード」ではなく「P-one Wizカード」だけの特典なので申込時は注意してください。「P-oneカード」の場合はTポイントに交換しても1ポイント=3ポイントです。

楽天銀行やジャパンネット銀行、口座振替先の口座にキャッシュバックすることもできますが、この場合は1ポイント=3円です。このほかギフトカタログや商品券、ホテル・食事券などへ交換することができます。

Tポイントに還元することで現存するクレジットカードの最高峰の還元率を誇ります。ヤフーショッピングやロハコ、ツタヤやファミリーマートなどを利用する方に特におすすめです。

※申込時は自動的にリボ払いになっているので、不要であれば申込み後はすぐに一括払いである「ミニマム」設定に変更してください。

ETCカードは発行するにも維持するにも料金が発生しますので、おすすめしません。

還元率:1%~

発行費:無料

年会費:無料

ブランド:VISA・JCB・Master

家族カード:発行・年会費無料

ETCカード:発行・年会費各1,000円

付帯サービス:紛失・盗難補償

オリコ・カード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイント

発行元:株式会社オリエントコーポレーション

 

レオナルド・ディカプリオの「Orico Card、OK?」のCMでおなじみ、オリコカードです(古い)。

入会後6か月間は還元率が2%、それ以降は1%と普段からも還元率がいいです。たまったポイントはAmazonギフト券・iTunesギフト・Edyギフト・nanacoギフト・WAON・Tポイント・Pontaポイント・楽天ポイントのほかANAやJALのマイルに交換できるなど、豊富な使い道があります。

iDやQUICPayも搭載していて、この利用額もクレジットカード払いとなり、もちろんポイント還元の対象となります。

ショッピングモールを経由することでポイントがさらに貯まる制度は他社でもありますが、Amazonの買い物でポイントが追加されるのは唯一オリコモールのみです。

ETCカードも発行・年会費ともに無料のため、私はここで申込みしました。カードのデザインもシンプルなブラックでおしゃれです。

 

還元率:通常1%~2%

発行費:無料

年会費:無料

ブランド:JCB・Master

家族カード:発行・年会費無料

ETCカード:発行・年会費無料

付帯サービス:紛失・盗難補償、国内外旅行の割引サービスなど

番外編:出光カード まいどプラス

出光カードまいどプラス

発行元:出光クレジット株式会

 

通常還元率は低く、出光SSでのガソリン・軽油・灯油のカード利用分はポイント付与の対象外というなんとも残念なカード。

しかし、還元率は完全に無視して、出光でのガソリン代が毎回値引きになるのが魅力です。入会1か月間はハイオクを含めたガソリン・軽油が5円/L、灯油が3円/L値引き。その後はそれぞれ2円、1円値引きされます。オプションで「ねびきプラスサービス」(年会費500円)に申し込むと最大8円/L値引きが可能となります。

 

さらに、年会費750円という破格の安さで365日24時間受付のロードサービスが受けられます。ロードサービスで有名なJAFは入会金2,000円、年会費が4,000円もします。サービス内容はJAFとまったく同じとは言えませんが、バッテリーあがりやキー閉じ込み、スペアタイヤ交換、ガス欠、レッカーサービスなど基本的なものが無料で受けられますのでこれで十分です。

私は過去にバッテリーあがり、雪道のスタックで何度かお世話になりましたが、いずれも無料で助かりました。

今は出光SSが近くにないのですが、このロードサービスのためだけにこのカードを保有しています。

 

 

還元率:通常0.25%

発行費:無料

年会費:無料

ブランド:VISA・JCB・Master・AMERICAN EXPRESS

家族カード:発行・年会費無料

ETCカード:発行・年会費無料

付帯サービス:紛失・盗難補償、AMERICAN EXPRESSのみの優待など

 

 

いかがでしたか?

普段どこでよく買い物をするのかによって選ぶカードが変わってくると思います。

もし一枚目に迷ったら、実店舗・ネットともに恩恵を受けやすい楽天カードかヤフージャパンカードから選ぶのがおすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

コメント